1. トップ
  2. ニュース
  3. アリババクラウドが北京2022大会のコアシステムに採用

NEWSニュース

2022.02.22

ニュースリリース

アリババクラウド

アリババクラウドが北京2022大会のコアシステムに採用

デジタル化による大会運営の効率化、サステナビリティ強化、ユーザー体験の向上を促進

アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドは本日、北京2022冬季オリンピック競技大会(以下「北京2022大会」)のコアシステムを同社のクラウドに移行して大会が成功裏に運営されたことを発表しました。今回の移行は、国際オリンピック委員会(IOC)によるオリンピック競技大会のデジタル化に向けた取り組みを強化するほか、大会に参加する選手や世界中の観客に対して、コロナ禍でもより安全かつ効率的で、持続可能性のある体験を提供するために推進されました。

アリババクラウド・インテリジェンスのプレジデントであるジェフ・チャン(Jeff Zhang)は、次のように述べています。「北京2022大会では、世界中から集まった選手たちが躍動し、素晴らしい成績を残されました。もっとも本大会はそれにとどまらず、より効率的で、持続可能性があり、かつ包括的なオリンピックの実現に向けて新たなベンチマークを築いた大会としても記憶されることになるでしょう。私たちはオリンピックのデジタル化を支援できることを誇りに思うとともに、コアシステムをアリババクラウド上で運営した私たちの経験が、今後のスポーツイベントの体験向上に貢献することを願っています。」

Core system on Alibaba Cloud 3.jpg

北京2022大会のコアシステムをアリババクラウドに移行して大会が成功裏に運営された


高度なクラウド性能により大会運営を効率化

IOCと北京オリンピック組織委員会(BOCOG)は、北京2022大会のために作成したマスタープランに基づき、大会を運営しました。そのプランの中には、IOCのワールドワイドパートナーであるAtosによって提供される大会マネジメントシステム(GMS)、オリンピックマネジメントシステム(OMS)、オリンピック配信システム(ODS)など、主要なオペレーションシステムの導入も含まれ、同大会においてこれらすべてがアリババクラウドに移行されました。

北京2022大会ではクラウドベースのサービスへのさらなる移管を実現し、ITインフラやハードウェアの管理に要する時間、コストの削減を進めました。リアルタイムに情報を分析するクラウドベースの高度な機能によって、北京2022大会のプランニングやマネジメントの効率化が進められ、よりシームレスなユーザー体験を提供できるようになりました。

IOCのような大規模なイベントの運営者は、クラウドインフラの持つ拡張性や信頼性、セキュリティ機能を活用することで、インテリジェンスに基づいた意思決定を行うことができます。これにより、大会運営における競技計画の複雑さを軽減し、既存リソースの最適化と新たなリソースの創出の適切なバランスをとることができます。また、開催都市は、物理的なインフラへの先行投資に要する時間やコストも削減することができます。


クラウド技術で世界をより身近に

北京2022大会では、さまざまな場所にいるスポーツファンに新たな体験を提供する先進的な技術が披露されました。アリババは、離れた場所にいる人同士がまるで近くにいるかのようなやり取りを可能にするクラウドベースのリアルタイム・コミュニケーション技術「Cloud ME」を導入しました。このテクノロジーでは、実物大の映像を通じて相手と会話を楽しみ、人と人との距離を近づけることができます。

また、アリババは、22歳のバーチャルキャラクター、「Dong Dong(ドンドン、中国語:冬冬、以下ドンドン)」も発表しました。北京生まれのドンドンは、世界中のスポーツファンと交流し、オリンピックの魅力やさまざまな関連情報を伝えるために開発されました。本物の人間であるかのような自然な声で、さまざまな感情を表すことができ、特に若い世代との間でつながりを深められることがわかっています。2月4日から20日までに行われたドンドンのライブ配信は計200万人以上に視聴され、そのファンの数は10万人以上に達しています。

世界各国の視聴者に最高のオリンピックを届けるために、アリババクラウドのコンピューティング技術は、オリンピックチャンネルサービスにも活かされました。これは、質の高い番組を世界中のオリンピックファンに提供し、オリンピックの動向にいつでも、どこでも、どんなデバイスからでも参加できるようにするものです。


オリンピックの未来に向けた持続可能性のあるイノベーション

今回の北京2022大会では、初めてクラウドでライブ映像を配信し、放送権を有する各国のライツホルダー(RHB)に迅速かつコスト効率の高い映像素材を提供しました。大会期間中にオリンピック放送機構(Olympic Broadcasting Services、以下「OBS」)が制作した動画は、6,000時間に及び、世界220以上の国と地域で放送されました。

「OBSビデオサーバー」は完全にクラウド上で運用され、放送局に効率的で拡張性の高いシステムを提供することで、現地のハードウェアに対する投資を削減することができます。放送局は、「Content+」によって、ライブ中継を含むオリンピック開催期間中に製作されたすべてのコンテンツに、リモートで簡単にアクセスすることができます。また、「OBS Live Cloud」の導入によって、放送局や開催都市が多大な投資を行う代わりに、パブリッククラウドを通じてオリンピック関連コンテンツを送信できるようになり、放送関連業務に伴う温室効果ガス排出量を効果的に削減できます。

また、OBSは、アリババのマルチカメラ・リプレイシステムによる動画の活用を通じて、カーリングやスピードスケートなどの競技のハイライト映像を数秒内に再生することができるようになります。クラウドを活用することで、各放送局を通じて、全世界のスポーツファンに魅力的でダイナミックな視聴体験を提供しました。

IOCの最高技術責任者(CTO)であるイラリオ・コルナ(Ilario Corna)氏は、次のように述べています。「北京2022大会はスポーツイベントとしての成功だけでなく、イノベーションにおいても成功を収めました。冬季オリンピックにおいてクラウドベースの技術が実際に活用されたことで、選手やオリンピックのファン、運営スタッフに恩恵をもたらしました。さらに、サステナビリティの実現に向けて最前線で取り組むオリンピックを運営するという私たちの願いを実現することができたことを心より嬉しく思います。」

関連プレスリリース:
・アリババクラウド、効率性の高い革新的なオリンピック放送をクラウド技術で支援
・アリババ、2022年北京オリンピック大会に向けてバーチャルキャラクターを発表
・アリババ、北京2022冬季オリンピックで人と人との距離を近づける「Cloud ME」テクノロジーを発表

Powered by Alibaba Cloud