1. トップ
  2. ニュース
  3. アリババ、北京2022冬季オリンピックで人と人との距離を近づける「Cloud ME」テクノロジーを発表

NEWSニュース

2022.02.07

ニュースリリース

アリババクラウド
オリンピック

アリババ、北京2022冬季オリンピックで人と人との距離を近づける「Cloud ME」テクノロジーを発表

実物大のリアルなインタラクションを可能にするクラウドベースのソリューション

中国・北京、202226 ‐ アリババグループは、独自のリアルタイムコミュニケーション(RTC)ソリューションを活用したクラウドベースのテクノロジー「Cloud ME」を発表しました。人と人の距離を近づけることを目的として生まれたCloud MEは、北京2022冬季オリンピック競技大会期間中、コロナ禍でさまざまな制限や地理的な制約がある状況下でも、実物大の映像を通じて、リアルタイムの会話をさらに楽しめるようにします。

Cloud MEブースに設けられたポップアップスタジオに入ると、参加者の全身映像が遠く離れた場所にある相手側のブースに投影され、お互いに言葉を交わすことができます。リモートプロジェクション機能は簡単にインストールできるため、どんな場所でもまるで本当にその人と会っているかのような体験を、多くの人に提供できます。

アリババグループの会長兼最高経営責任者(CEO)ダニエル・チャン(Daniel Zhangは次のように述べています。
「アリババはオリンピックのデジタル化に取り組んでおり、テクノロジー・インフラストラクチャの提供を通じて、より包括的で魅力的な体験を推進します。アリババのクラウド技術によって世界中の選手やスポーツファンとの間に一体感が生まれ、すべての人がオリンピック精神に触れて、スポーツの喜びを分かち合えるようになることを願っています。」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は次のように述べています。
「私たちはアリババと一緒に、北京で新たな歴史をつくっています。今回の北京2022冬季オリンピックでは、初めて、コアシステムをアリババクラウド上で運営しています。この仕組みは、中国のオリンピック公式オンラインストア、OBSクラウド、世界中のメディアをサポートしています。アリババのクラウド技術は、オリンピック競技大会における新たな基準を生み出し、それらを高いレベルに引き上げています。」

daniel-bach.jpg

アリババグループの会長兼CEOのダニエル・チャンが上海のCloud MEスタジオで、
北京にいるIOCのトーマス・バッハ会長と話す様子

Cloud MEブースは簡単に設置できます。クラウドコンピューティングにより、ビデオカメラやコンピュータなどの通常の撮影用機器を除き、オンサイトのITインフラに一切追加する必要はなく、録画や送信のためにインターネットの帯域幅を最適化する必要もありません。

Cloud MEブースで制作されたビデオやオーディオは、アリババクラウド上で送信されます。実証済みのRTCソリューションは、アリババの先進的なクラウドコンピューティングにおける能力と広範なグローバルネットワークによって実現します。

アリババクラウドの低遅延、高可用性、高い同時実行性に支えられ、200ミリ秒以内に処理を完了することができます。ライブ映像はその後、リモートの4K高精細スクリーンに映し出され、実物のようなホログラム効果を生成し、細かな表情や洋服の質感など、実際に対面してやり取りする際に重要なあらゆるディテールを高解像度の映像で再現します。

アリババクラウドのプロダクト・ソリューションを担当するゼネラルマネージャーである陳麗娟(チェン・リージュアン)は、次のように述べています。
「世界中を効率よくつなぐために、クラウド技術を搭載したリアルタイムコミュニケーション・ソリューション(RTC)は、重要な役割を果たします。アリババのグローバルなクラウドネットワークと独自のアルゴリズムを活用することで、私たちはオンライン教育や、インタラクティブなエンターテインメント、ビデオ会議、その他のエンタープライズサービスなどに利点をもたらしたいと考えています。」

アリババのCloud ME ブースは、北京2022の閉ループ管理システムの内外において、大会の参加者が利用できるようになっており、誰もが魅力的なソーシャル・インタラクションを体験することができます。本大会に向けて開催されたCloud MEの初めてのイベントでは、リアルタイムコミュニケーション・ソリューションを活用して、新型コロナウイルス感染症対策のため直接会うことが困難なアリババグループの会長兼CEOのダニエル・チャンとIOCのバッハ会長の面会をオンラインで実現しました。


アリババグループについて
アリババグループは『あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる(To make it easy to do business anywhere)』をミッションに掲げ、未来のビジネスインフラを構築し、102 年(3 世紀)以上 続く良い企業を目指しています。

Powered by Alibaba Cloud