1. トップ
  2. ニュース
  3. 東京2020、Tokyo 2020 "Make The Beat!" プロジェクトを発表

NEWSニュース

2019.09.06

お知らせ

アリババクラウド
オリンピック

東京2020、Tokyo 2020 "Make The Beat!" プロジェクトを発表

アリババクラウドが強力にサポート

東京2020組織委員会は、東京2020大会の会場にて、世界各国から来場した観客全員が心を一つにして、"2020beat"を奏でて出場選手を応援することを目指すプロジェクト、Tokyo 2020 "Make The Beat!" を発表します。ワールドワイドクラウドサービスパートナーであるアリババクラウドは本プロジェクトに協力、東京2020大会を大いに盛り上げていきます。

本プロジェクトは、2020年に世界各地から大会に集まった観客の皆さんに、東京2020マスコットが作った大会公式の応援ビート"2020beat"で、心を一つにして出場選手を応援いただき、すべての選手が自己ベストを出せるよう応援するプロジェクトです。大会に来場いただく観客の皆さんに大会公式の応援ビートを知っていただき、実際に会場で奏でていただけるよう、9 6日以降、アスリートや多彩な分野のアーティスト等がさまざまな方法で "2020beat"を奏でる動画を WEBサイト上にアップしていきます。2019年秋頃からは、"2020beat"動画のSNS投稿を募集します。世界中から投稿いただいた動画 は、大会時、競技会場やライブサイトのスクリーンで紹介させていただく予定です。世界中から"2020beat"を SNSを通して投稿いただくことで、会場で観戦するだけでなく、新し い方法でも大会に参加いただき、選手への応援のビート(想い)をお届けします。

詳細は、東京 2020 公式ウェブサイト( https://tokyo2020.org/jp/special/makethebeat/ )をご覧ください。

Powered by Alibaba Cloud