From JAPAN to GLOBAL
日本の素晴らしい商品・文化を世界へ

導入事例 資生堂 様

資生堂と天猫が戦略業務提携を締結

日本最大の化粧品グループ資生堂が2019年11月に発表した2019年第3四半期の実績によると、中国市場が好調に推移し、1月〜9月の売上高が昨年同期比18.3%増加し、資生堂グループの全世界における売上高の17.5%を占めました。中国市場の伸び率は、世界各地域のマーケットの中で、トップの座を占めています。
現在、資生堂傘下の高級ブランドSHISEIDO、クレ・ド・ポーボーテ(Clé de Peau Beauté)、イプサ(IPSA)、NARS(ナーズ)などが既に天猫に出店していただいています。特にSHISEIDOは2018年の天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバル(以下、天猫ダブルイレブン)の億元クラブ(※GMV1億元以上のブランド)のメンバーとなりました。マスの消費層向けのコスメブランドでは、資生堂傘下のエリクシール(ELIXIR)及びアネッサ(ANESSA)も 大きな成⻑を遂げました。アネッサ(ANESSA)は、2019年3月に開催された「天猫ビューティーサミット(Tmall Beauty Summit)」において、日焼け止め部門の年間大賞を受賞しました。

資生堂は2019年3月31日、天猫と戦略業務提携を締結し、天猫本部がある杭州のアリババ⻄渓キャンパスから車で10分程度の場所にオフィスを設立し、協力して商品開発を進めると発表しました。オフィスには、資生堂の専任チームが常駐し、商品開発、Eコマース、ブランドマーケティング、CRMなどにおいて、アリババグループと連携していきます。
また、アリババグループの天猫イノベーションセンター(TMIC)と提携し、新しいブランドや新商品の開発を進めます。 天猫新商品開発センターは、100年の歴史を持つ資生堂のデジタルトランスフォーメーションをサポートします。資生堂のパーソナルケアブランド「アクエア(AQUAIR)」は、アリババグループのビッグデータを活用し、消費者の好みやマーケットチャンスを見極め、CtoBの新製品シャンプー(Mild and Refreshing Scalp Shampoo)を開発し、今年9月に天猫で発売しました。

資生堂グループは 2019年11月までに天猫国際(Tmall Global)に、マキアージュ(MAQuillAGE)、アクアレーベル(AQUALABEL)、エテュセ(ettusais)をはじめとする傘下の13ブランドを出店し、天猫国際で販売を大きく伸ばしています。中でもエテュセ(ettusais)は、旗艦店をオープンしてわずか1年で、天猫国際のマスカラ部門でリーディングブランドとなりました。

Powered by Alibaba Cloud