1. トップ
  2. サービス
  3. Alipay(アリペイ)
  4. 導入事例 日本清酒株式会社(千歳鶴) 様

From GLOBAL to JAPAN
より多くの訪日観光客を日本各地へ
インバウンドビジネスを最大化

導入事例 日本清酒株式会社(千歳鶴) 様

日本酒・ワインなどの幅広いブランドを展開
数多くの海外旅行客が訪れる酒造店

北海道の開拓が始まった明治初期に創業し、以来その優れた醸造技術を活かして、看板商品の「千歳鶴」をはじめとした日本酒・味噌・ワインなど幅広いブランドを展開する「日本清酒」様。隣接する酒ミュージアムは海外からのツアーに組み込まれることも多い人気店です。今回、アリペイ(Alipay)導入のきっかけや検討事項について取材を行いました。

日本清酒株式会社
営業本部 広報商品企画課 佐藤 麻衣 様

日本清酒(千歳鶴)について

当社の創業は明治51872)年。造り酒屋(酒造)として、来年で148年を迎えます。創業以来、ずっと醸造の技術を積み重ねまして、その知識を生かし、味噌の醸造、さらには余市ワインというワイナリーブランドも立ち上げています。隣接する酒ミュージアムは、平成14年(2002年)に竣工。明治期の味噌醤油蔵の古材を利用して建てられ、お客様のアンテナショップとして活用されています。
看板商品はやはり「千歳鶴」です。全国新酒鑑評会において、過去14年連続で金賞の栄誉に輝いている製品で、その品質の高さから地元札幌のお客様にも定評を頂いております。

日本清酒(千歳鶴)について

アリペイ(Alipay)導入の経緯

QRコード決済の必要性を感じ、圧倒的に取り入れている企業が多いPayPayとアリペイ(Alipay)を一緒に導入しました。導入前は新しい操作を学ぶ必要があることに身構えているスタッフもいましたが、実際に使ってみたらシンプルな操作方法で、問題なく使いこなせました。トラブルも導入当初から現在まで、特に起こっていません。

アリペイ(Alipay)導入の経緯

ちょっとした購入でもアリペイ(Alipay)を使う意識が高い

まだ導入してから間もないため、当社で具体的な効果を感じるのはこれからだと思います。
ただ、他の観光地で見かける様子からも、中国人観光客の方は少額でもアリペイ(Alipay)を使いたいという意識は非常に高いと感じます。特に、北海道はこれからが冬の観光シーズンになりますので(注:本取材は12月初旬に行いました)、そこでどのように数字が動いていくか。今後の効果に期待したいと思います。

ちょっとした購入でもアリペイ(Alipay)を使う意識が高い

最小限のコミュニケーションで会計まで成立

また、当店はインバウンドの方のバスツアーの際にお立ち寄り頂く事も多く、そのうち中国の方は4割程度を占めています。グッズやおちょこ、升など細かいお買い物をされるお客様が多いのですが、様々な国の方がいらっしゃいますため、そのすべての言語にスタッフが対応することは難しいのが実情です。その点において、QRコード決済は言葉を多く交わさずに会計が完了できるため、とても助かるサービスになると思っています。

最小限のコミュニケーションで会計まで成立

アリペイ(Alipay)導入を検討されている方へ

北海道は中国人の観光客が年々増加しています。また、2022年に北京で開催される冬季オリンピックに向けて、中国でのウィンタースポーツの人気が高まっており、今後も北海道を訪れる中国人観光客はさらに増えていくと思われます。アリペイ(Alipay)は、中国人観光客の多くが普段から使っているサービスです。お客様にとってニーズの高いサービスを積極的に取り入れることで、顧客満足度を高めていくことにもつながると思います。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

アリペイ(Alipay)導入を検討されている方へ
Powered by Alibaba Cloud