1. トップ
  2. サービス
  3. Alipay(アリペイ)
  4. 導入事例 利尻屋みのや 様

From GLOBAL to JAPAN
より多くの訪日観光客を日本各地へ
インバウンドビジネスを最大化

導入事例 利尻屋みのや 様

中国人観光客でにぎわう小樽で
存在感を放つ昆布専門店

人気観光地・小樽の堺町通りに店舗を構え、オリジナルの昆布製品を数多く展開する「利尻屋みのや」様。ユニークな商品企画やサービスで、国内外の観光客から人気を得る昆布専門店です。アリペイ(Alipay)導入から2年。導入の経緯や効果などについて、代表取締役の簑谷様に取材を行いました。

利尻屋みのや
代表取締役 簑谷 和臣 様

利尻屋みのやについて

当社は平成3(1991)年に創業した昆布専門店で、小樽市内に4店舗展開しています。
一番の人気商品は「湯どうふ昆布」です。発芽してから3〜4か月程度の若い昆布を取っているため、とてもやわらかいことが特徴です。市場にほとんど出回らない貴重な商品で、一度買ってくれた方は高い確率でリピーターになってくれます。その他にも、栄養価の高いガゴメ昆布を使った100%昆布の粉末「アラジンの秘密」や、羅臼昆布を使った「ホラ吹き昆布茶 醤油味」などが人気です。
日本の昆布は利尻昆布、日高昆布、羅臼昆布、真昆布の四大昆布が有名ですが、他にもガゴメ昆布、チヂミ昆布、アツバ昆布など、数が取れなくてマイナーではあるものの栄養価の高い昆布も数多くあります。当店ではこれらの昆布も取り扱っています。

利尻屋みのやについて

アリペイ(Alipay)導入のきっかけ

もともとクレジットカード、デビットカードの決済は導入していましたが、中国人観光客の方はクレジットカードを使われることが非常に多く、キャッシュレスが浸透しているなという印象がありました。アリペイ(Alipay)のことはインターネットで知っていて、中国におけるアリババの影響力や信頼性を考えると「このサービスは絶対うまくいく」と思っていました。ですので、認定代理店の方が営業にいらしたときには「待っていたよ」という気持ちで。すぐに導入を決断しました。

アリペイ(Alipay)導入のきっかけ

アリペイ(Alipay)決済の比率が急増

来店されるお客様は2割ぐらいがインバウンドで、その中では中国人の観光客が圧倒的に多いです。中国人の方のほとんどがこれまでクレジットカード決済でしたが、アリペイ(Alipay)導入以降はQRコード決済に移行される方がとても増えました。半数程度はQRコード決済を選択されて、その多くはアリペイ(Alipay)を選択されています。
端末操作については、当社は20代から70代まで幅広い社員がいて、全員がうまく操作をできるか不安ではありました。ただ、操作自体が簡単でしたので、実際にやってみると誰でもすぐに扱えるようになりました。

アリペイ(Alipay)決済の比率が急増

アリペイ(Alipay)導入を検討されている方へ

現状、国内のキャッシュレス決済サービスについては、まだ市場が熟成しきっていない部分があると思いますが、中国ではキャッシュレス市場はかなり熟成していると思います。これほど多くの人に浸透されていながら、大きな問題がなく運用されていることを考えても、信用のあるサービスだと思います。中国人観光客は近年どんどん増えつづけていますので、導入は前向きに検討した方が良いと思います。

アリペイ(Alipay)導入を検討されている方へ
Powered by Alibaba Cloud