1. トップ
  2. サービス
  3. Alipay(アリペイ)
  4. 導入事例 えびす屋浅草 様

From GLOBAL to JAPAN
より多くの訪日観光客を日本各地へ
インバウンドビジネスを最大化

導入事例 えびす屋浅草 様

インバウンド最前線とも呼べる浅草で
日本では珍しいステッカー型QRコード決済を大々的に展開

人力車とこれまでのインバウンドとの関わりについて

札幌で生まれ、小樽で人力車の修行を始めた私がインバウンドを意識したのは、特に台湾の人たちの間で北海道が人気になった2005年頃でした 最初は路上で「いかがですか」と声をかける程度だったのですが、日を追うごとにバス数台分のお客様がいらっしゃるようになりました。 そのころから、どうせならお客様に利用いただいている時間を最高に楽しんでいただこうと台湾語の勉強を始めたのがインバウンドとの最初の関わりでしょうか。

人力車とこれまでのインバウンドとの関わりについて

えびす屋浅草 所長 梶原 浩介 様
これまで湯布院、鎌倉、京都など日本中の観光地を渡り歩いてきた

アリペイ導入経緯

お客様と話しているうちに気がついたのは、人力車=日本の文化そのものだと認識をいただいているということでした。 より多くの方たちに日本の文化に興味を持っていただき、最高の体験をしていただくためにいろいろな手段をこれまで考えてきましたが、そのひとつが決済を便利にすることでした。欧米を始めとする海外ではクレジットカード決済が主流。それまでは現金のみお受けしていたのですが、2014年にまずクレジットカード決済を導入しました。 その流れで海外の方のライフスタイルを調べていくと、どうやらアリペイというものが中国人の生活に深く馴染んでいるという事を聞き、導入がお客様のニーズに合うのではないか?と考えていたときにちょうど代理店さんからお声がけをいただいたのがきっかけです。

アリペイ導入経緯

アリペイ導入初期

まず最初に感じたのはとても簡単だな。ということでした。 えびす屋では日本だと珍しいお客様に金額を打ち込んでもらう方法(ステッカー型)を採用しているのですが、お支払い前にお客様が打ち込む金額をスタッフが確認して、決済の後にも支払っていただいた金額を確認する。 どの金額も日本円で表示されるのと、中国ではとても一般的な方法なのでお客さまが慣れているのもあって、スタッフ向けのトレーニングも10秒くらいで終わりましたね。

アリペイ導入初期

俥夫の方のネームプレートの裏にアリペイのコードが印刷されている

アリペイ導入のメリット

メリットはたくさんあると思います。 現金は無いけどアリペイで払えるならもう少し高いコースにしますという方がいて、結果としてお客様単価があがったりですとか、お支払いの際のコミュニケーションがとても簡単になったので、お支払いに関してのトラブルが無くなりました。あとこれは意外だったのですが、アリペイのステッカーを置いているとそれ自体が関心を引くんですね。使い慣れているアリペイのロゴが貼ってあると「お!使えるの!?」みたいな感じで立ち止まってくれて、そこから乗車いただけることもあったりします。

アリペイ導入のメリット

えびす屋様は看板にアリペイのロゴを貼っていただいている

今後の展望

今後は人力車でアリペイが使えるということをどれだけ周知してもらうかが大事だと思います。
これからの夏休みや国慶節は特にお客様が増える時期だと思いますので、どんどん露出を増やしていきたい。色々なキャンペーンも行うと聞いているので楽しみにしています。

Powered by Alibaba Cloud