1. トップ
  2. ニュース
  3. アリババグループ傘下の旅行サービスプラットフォームFliggy(フリギー)がエアトリと連携、中国人観光客向けに日本の宿泊施設の予約提供を開始

NEWSニュース

2022.07.06

ニュースリリース

フリギー

アリババグループ傘下の旅行サービスプラットフォームFliggy(フリギー)がエアトリと連携、中国人観光客向けに日本の宿泊施設の予約提供を開始

 アリババグループが運営する中国トップクラスの旅行サービスプラットフォーム「Fliggy(フリギー)」は、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営・管理する株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮)と提携し、中国人観光客向けに日本の宿泊施設の予約提供を開始します。

・今回の業務提携で実現できること
 日本政府のインバウンド受け入れ再開に伴い、安全で質の高いサービスを提供する日本の宿泊施設に対する観光客の需要が高まっています。フリギーはエアトリとのAPI連携により、エアトリが取り扱っている2万件以上の日本の宿泊施設の豊富なプランを掲載し、3億人以上のフリギー会員により多くの魅力的な宿泊プランを提供できるようになります。

Logo Fliggy Air.png

 フリギーはこれまでも、中国人観光客の多様化・個性化するニーズに対応し、宿泊・レジャーなどの商品を拡充してきました。日本は中国人観光客が訪れたい海外旅行先の上位に常にランクインしており、リピーターも数多くいます。フリギーは、人気の高い訪日旅行のニーズに対応し、より魅力的で豊富なプランを会員に提供するため、日本のOTA(オンライン・トラベル・エージェンシー)との連携に注力しています。

■フリギーについて
Fliggy(フリギー)(www.fliggy.com)はアリババグループ傘下の旅行サービスプラットフォームです。航空券や鉄道チケット、宿泊施設、レストラン、レンタカー、パッケージツアー、地域のアトラクションなど旅行に関する包括的な予約サービスやコンテンツを提供し、中国の旅行者に自由で快適な旅を提供することに注力しています。グローバルでは400社以上の航空会社・航空チケットエージェンシー、8,000以上の観光スポット、60万以上の宿泊施設、数十万のレジャー施設がFliggyを通して中国の消費者にサービスを提供しています。

アリババグループについて
アリババグループのミッションは、『あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる (To make it easy to do business anywhere)』です。アリババグループは、未来のビジネスインフラを構築し、102 年(3 世紀以上)続く良い企業を目指しています。

Powered by Alibaba Cloud