1. トップ
  2. ニュース
  3. アリババとJR西日本が京都バーチャル旅行イベントを開催

NEWSニュース

2020.10.12

ニュースリリース

フリギー

アリババとJR西日本が京都バーチャル旅行イベントを開催

~嵯峨嵐山、竹林の小径、トロッコ列車などを中国に生中継~

10月9日、アリババグループが運営する中国トップクラスの旅行サービスプラットフォーム「フリギー(Fliggy、以下、フリギー)」は、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)と連携し、京都の嵯峨嵐山の観光スポットを堪能する様子を、アリババのライブ配信サービス「タオバオライブ」を通じて、中国に生中継するバーチャル旅行イベントを開催しました。

本イベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で、海外旅行が難しい中国の人々に、日本の魅力を伝え、収束後の訪日観光客のスピーディーな回復に繋げることが目的です。「日本バーチャル旅行」シリーズの1回目となった、京都・嵯峨嵐山への旅では、中国観光客に大人気な嵯峨観光鉄道のトロッコ列車をはじめ、竹林の小径、人力車の乗車体験や二尊院を2時間にわたって案内しました。

900X600ライブ配信画面.jpg

同イベントのライブ配信開始後1分間で累計10万人以上の中国ネットユーザーが視聴しました。バーチャル旅行の案内役は、日本在住の中国人インフルエンサーを中心に、JR西日本・上海代表処の所長や、京都市観光協会の担当者、人力車の車夫、二尊院の住職など、各観光施設の方々が出演に協力し、京都の魅力を一緒にアピールしました。イベント中に視聴者からは、「秋の京都の紅葉を観に行きたい」、「本当に静かで奥ゆかしい街だね」など、数多くのコメントが投稿されました。

日本政策投資銀行と日本交通公社が今年8月に発表したアジア・欧米豪12地域の海外旅行経験者を対象に実施したウェブアンケートの結果(※)によると、「収束後に海外旅行したい国・地域(複数回答)」は、日本がアジア居住者の回答において56%とトップでした。JR西日本 上海代表処 所長の平岡剛氏は、フリギーとの取り組みの狙いについて、「海外観光客の往来が見通せない中でも、ライブ配信といったデジタルツールを通じて、西日本の良さを継続的に伝えることで、日本に旅行に行きたいという意欲を醸成し続けることが大事だ」とコメントしています。

アリババグループとJR西日本は、2019年9月に、魅力的な観光素材が数多くある西日本エリアの認知度向上と誘客拡大を目的に提携を発表しました。その提携により、フリギーや、世界最大のモバイル決済・ライフスタイルプラットフォーム「アリペイ(Alipay)」などをはじめとする、8億7,400万人もの月間アクティブ・ユーザー数を持つアリババエコシステムの強みを活かし、効果的な誘客拡大、または中国からの訪日客の消費拡大を図ってきました。

アリババ傘下のフリギーは、今回のJR西日本と共催した京都バーチャル旅行イベントを皮切りに、今後も、日本各地の観光施設と協力しながら、「日本バーチャル旅行」をシリーズ化して持続的に開催していけるよう、進めています。

※ 出所:DBJ・JTBF アジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査(2020年度新型コロナ影響度特別調査)

https://www.dbj.jp/topics/investigate/2020/html/20200818_202801.html

Powered by Alibaba Cloud