ニュース

PRESS RELEASE

アリババ株式会社
2016/02/26

アリババグループ、未来の“爆買い”日本製品を作り出す
Japan MD centerとChina EC workshopを設立

~ビッグデータを活用し、中国消費者に合わせた製品マーケティングを支援~

Alibaba Group Holding Limited(NYSE:BABA、本社:中国浙江省杭州市、会長:ジャック・マー、以下「アリババグループ」)と、その日本法人であるアリババ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠)は、中国で極めて人気の高い日本製品の安定的調達と、これまでに需要を取り込めていない日本製品の拡販を目的に、本日2016年2月26日にJapan MD centerを、また今春には、China EC workshopを設立します。これらは、アリババグループが推進するグローバル戦略、天猫国際MD構想(Tmall Global merchandising initiative)の一環として、アリババグループとアリババ株式会社が共同で運営します。

1.Japan MD centerについて

Japan MD centerでは、アリババグループが運営する越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)」に出店する日本の小売企業などの店舗に、メーカー企業が製品を販売できる「出品」支援サービスを新たに提供し、中国消費者のニーズに合わせた製品選定、流通チャネル設定など、包括的なマーケティング支援を行います。また、中国で人気が高く、昨年度の「天猫国際(Tmall Global)」において売上の約7割を占める、ベビー・キッズ、コスメ・パーソナルケア、サプリメントなどの製品を中心に、需要の高い製品の安定的な調達支援も行います。

昨今話題となっている"爆買い"に代表されるように、高品質で安全・安心な日本製品に対する中国消費者の需要がかつてない高まりを見せており、「天猫国際(Tmall Global)」においても、日本製品の売上は急成長しています。しかしながら、中国消費者ニーズへの理解が不足している、製品の魅力を正しく伝えられていない、正規流通ルートが未確立のため製品を安定供給できない、などの理由により、質の高い製品であるにもかかわらず、中国の旺盛な需要を取り込めていないケースも多数あるものと認識しています。

アリババ株式会社が提供する「天猫国際(Tmall Global)」への「出店」支援サービス「チャイナエクスプレス」に加え、今回の「出品」支援サービスの提供により、メーカー企業による製品単位のマーケティング支援を実現します。

2.China EC workshopについて

China EC workshop は、中国市場に興味関心をお持ちの日本企業を対象とした研究会です。長年に渡りアリババグループが蓄積してきた中国EC市場に関するビッグデータや知見をJapan MD centerを通じて、参加いただく企業と共有することで、より中国市場にマッチする製品の研究・開発を支援します。

また、China EC workshopでは、以下のような取り組みを実施する予定です。
a) アリババグループが有するビッグデータの分析を通じて得られた情報の提供
b)「天猫(Tmall)」「天猫国際(Tmall Global)」のカテゴリー責任者との情報交換会へのご招待
c)アリババグループおよび「天猫(Tmall)」のトップマネジメントメンバーが参加するエグゼクティブカンファレンスへのご招待
Japan MD centerとChina EC workshopは、当面は招待制で運営し、実績にともなって広く開かれたプロジェクトへと発展させる予定です。

アリババグループとアリババ株式会社は、Japan MD centerとChina EC workshopを通じて、日本のメーカー、小売企業とともに、未来の“爆買い”日本製品を作り出し、日中間における越境ECの拡大を加速させていきます。

アリババグループCEO ダニエル・チャンのコメント

消費者と商品・サービス・コンテンツとの関係が、経済のデジタル化によって変革していく中、アリババグループは事業のグローバル化を最も重要な戦略として位置づけており、今回立ち上げるJapan MD centerおよびChina EC workshopはその大きな第一歩となります。中国の消費者市場獲得をご検討中の日本企業の皆さまにも、ぜひご活用いただきたいと考えております。

越境EC課題とJapan MD centerの役割

237_ext_05_2_L.png

本リリースに関するお問い合わせ先

アリババ株式会社

◇メーカー・小売企業様窓口  
電話:03-6892-0214(担当:奥村) メール:こちらのフォームよりお問い合わせください

◇報道関係者様窓口
電話:03-6892-0211(担当:木村) メール:こちらのフォームよりお問い合わせください