お客様の声

アリババを使って初めての海外取引に成功。
日本の高品質工具でアジアの新興市場開拓の
第一歩を踏み出す

協和機械器具株式会社

92_ext_05_0.jpg

協和機械器具株式会社は、測定工具や切削工具、空圧工具、ベアリングやハンドツールなど、製造現場において必要になる様々な機械や工具を扱う総合商社です。日本の製造業の中心地である愛知県で40年以上の歴史があります。国内では幅広いネットワークで安定した事業を営んできましたが、今後は日本だけの景気に左右されず、さらに市場を大きくしていきたいと思い、海外進出の第一歩としてアリババを始めました。

アリババを選んだ理由は、海外バイヤーと出会えるプラットフォームとして最大であることと、自社のような中小企業にとって、低いコストと少ないリソースで海外取引を始められる点に魅力を感じたからです。また、どこの市場が自社にとってターゲットとなるかが明確でなかったため、アリババを使うことで、世界市場の需要を把握することも狙いのひとつでした。

92_ext_05_1.jpg

アリババを始めてから、様々な国から毎日平均5~6 件ほど問い合わせがきていますが、メールはこまめにチェックをし、必ず24時間以内に返信するようにしています。まずは市場を知ることが目的ですので、成約に至らない場合も相手の要望や、ターゲットプライスなどをできるだけ聞き出すようにしています。初めの3カ月間で、アジアの企業との間で4件成約しましたが、やはり製造業が盛んで、輸送コストが低く抑えられるアジア圏が自社のターゲット地域であることがわかってきました。また、日本製品へのニーズは強く、価格面で折り合いがつけば、今後も十分世界からの需要を取り込めるという手ごたえをつかんでいます。

将来は、海外取引を自社の経営の柱の一つに育てたいと考えています。その基礎を築くために、アリババ1年目の今は、自社と製品に対しての信頼を得ることを最優先課題として位置付けています。今後は、現在取り扱っているような既製品(Ready-made)だけでなく、地元の中小製造業と協力し、その技術力を活かしたカスタムメイド(Custom-made)品をラインナップに加え、“日本ならでは”の特長ある製品を世界へ供給し続けたいです。経営の柱とするには、まだまだ課題は山積していますが、日々希望を持って取り組んでいます。

協和機械器具株式会社
代表取締役 柳瀬一範 氏

ワールドパスポートURL : http://kyowakk.trustpass.alibaba.com/

(2010/08/06掲載)