社長あいさつ インターネットを活用して、日本企業の世界進出を支援し、地域経済そして日本経済の活性化に貢献する -  そんな現代の「海援隊」を目指して

アリババ株式会社代表取締役社長 香山 誠

今、世界経済が大きく動こうとしています。 アジアを中心とした新興国の台頭は目覚ましく、世界中の企業が新興国での販路開拓を目指しています。日本企業も例外ではなく、メディアでも多くの日本企業の海外市場開拓が連日取り上げられ、海外販路開拓こそが生き残る手段と言われています。
一方、インターネットの登場により、誰もが世界中の情報や知恵を即時に手に入れることができるようになりました。
しかも、その進化はこれからも続き、世界のどこからでも容易に地球規模のコラボレーションが実現できるようになるでしょう。
私たちアリババは、この世界中の誰もが利用できるインターネット技術を通じて、日本の企業の皆様が簡単・便利に、海外の取引先・販売先を見つけるためのサービスを提供しています。アリババグループは世界190カ国に、約8,000万の企業会員を持ち、さらに中国においては約6億人のBtoCショッピングサイトの会員を有しており、しかもその会員は日々増え続けています。この膨大な資産を、日本企業の今後の発展につなげる、それが私たちのミッションです。

 

「メイドインジャパン」は高品質の代名詞として世界中で広く認知されています。しかし、日本の高品質な製品が、直接世界に進出している例はまだまだ少なく世界市場における販売は、多くの可能性を秘めています。
世界経済の激動の中で、インターネットを活用して、日本企業の世界進出を支援し、地域経済そして日本経済の活性化に貢献する -そんな現代の「海援隊」を目指して、アリババは今後も皆様とともに成長していきたいと考えています。
 

アリババ株式会社代表取締役社長CEO
香山 誠